日常を離れて~私にひとり車旅~
sinatabi.exblog.jp


≫ 地図検索(Googleマップ)
≫ 道の駅(国土交通省道路局)
≫ 高速道路(NEXCO東日本) 、 高速道路(NEXCO中日本)
≫ 天気予報(日本気象協会tenki.jp)
≫ 日の出・日の入り(国立天文台)

旅の準備リンク | サイト内検索 | ブログ記事一覧
ブログトップ
<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
カーナビはあったほうがいい…
 
私にとって、ひとりドライブにカーナビは必需品です。

理由はいくつもあります。


1 ルートを覚えなくていいこと

カーナビなしだと、(ある程度は)地図を覚えておかないと迷子になります。

ドライブ中に駐車して地図を見のは難しいのです。

高速のどのインターで下りるとか、下りたら左右どちらに曲がるとか、国道・県道の何号線を走るとかくらいは覚えておく必要があります。

初めての土地への一度しか通らないルートを覚えるのは面倒なものです。
次は右、次は左と思い出しながら走るのは、景色を楽しむこともできません。


2 簡単にルート変更ができること

初めての場所では特に、道を間違えることが多いです。
間違えなくても、事故や工事で迂回しなければならないこともあります。
経験上、どんなにネットで下調べしておいても、途中で迂回する事態に遭遇しています。

そんな時、短時間で別ルートを探してくれるカーナビは便利です。


3 効率が良い(最短ルートを走れる)こと

私がカーナビに頼る一番の理由です。

道路標識の道案内は、渋滞回避の意味もあるので遠回りさせられることが多いのです。
多くの観光地で、カーナビは道路標識の道案内を無視して、より早い(近い)ルートを案内してくれます。


4 所要時間がわかること

カーナビだと到着時間がわかるので、早めにルート修正や寄り道での時間調整ができ、無駄な時間がなくなります。


5 施設がどこにあるかわかること

特に、コンビニとガソリンスタンドの場所がわかるのがいいです。

コンビニは飲み物補充やトイレタイム、スタンドは給油だけでなくドライブ中に車の調子が悪くなった時に安心できます。


~私的メモ~
私にとってカーナビは必需品です。

ドライブ前にロードマップでルートは決め、おおよそのルートは記憶します。
ロードマップも携帯します。

でもカーナビは必要です。

私は、ドライブ中の観光は1日1~2か所、時間的にかなり余裕を持たせて計画します。
途中、時間と体力があればいくつか寄り道をします。
この寄り道は、その場でカーナビで時間を確認して行くかどうか決めています。
(詳細「ドライブ旅の計画2 ~目的地と寄り道~」)

そしてカーナビに一番お世話になっているのは、想定外のルート変更をするときです。

何回かドライブしてますが、かなり余裕の計画でも、時間オーバーすることがあるのです。
ほとんどは事故渋滞と予期していない地域イベント渋滞(運動会とかフェスとか)が原因でした。
土砂崩れの復旧工事で打迂回路がなく、目的地に行けない最悪な日もありました。

車で走ることが目的なので、早く宿についてゆっくりするというのはもったいない…。
カーナビを利用すると、計画した時間いっぱいドライブを楽しめるのでありがたいです。
[PR]
by sina09e | 2017-03-11 08:15 | ドライブ | Comments(0)
給油場所と燃費を調べておく
 
ドライブルートが決まったら、どこで給油するかある程度決めておきます。

地方部なら、具体的なガソリンスタンドを調べます。

場所だけでなく、休業日と営業時間もです。
なぜなら、案外、土日休業とか、午後7時までとかが多いからです。

最近気になるのは、周辺で廃業するスタンドか増えていることです。
ということで、いくつか候補をチョイスします。

出入りしやすい左車線のスタンドがあれば優先に選びます。

給油は、3分の1~4分の1に減ったくらいで、早めにしてます。
あと100~150kmは走れる余裕を残して給油します。
地方部や夜間だと、50km走っても開いているスタンドがないこともあるので。

給油ポイントを決めるには、まず車の燃費を調べます。
マニュアルの燃費は当てにならない(燃費が良すぎる)ので実測します。

1 給油の警告ランプが点灯する残油量をマニュアルで調べるてメモ
2 満タン給油して、給油量をメモ
3 トリップメーターをリセット(0に)する
3 警告ランプが点灯した走行距離をメモ

 [燃費]=[走行距離]÷ ([満タン給油量]-[残油量])

レンタカーとか実測できないときは、カタログ燃費の7割と言われます。
これは愛車の平均的な実燃費と同じなので、数字として使えると思います。
(平地に住んでいればもっといいハズなのに…。)
条件的に心配なルートには、夏のエアコン・冬の暖気運転時の6割を使います。
愛車の最悪な実燃費は5割ですが、ロングドライブでこの記録は出ないはず。

・満タンでどのくらい走れるか=[満タン給油量]×[燃費]
・警告ランプが点灯後でどのくらい走れるか=[残油量]×[燃費]


~私的メモ~
愛車はガソリンハイブリットで、燃料タンクは45ℓ。

燃料残量警告灯は6ℓで点灯して、しばらくすると消えます。
あれ?としばらく走っていると、また点灯。2度目は点灯し続けます。

マニュアルでは、残量6ℓになると点灯するとあって、
どうやら残量4.8ℓになると点灯し続けるみたいです。

カタログ燃費23.6km/ℓですが、実際は平均で19km/ℓくらい。
ロングドライブなら、22~23km/ℓになります。
(運転が上手ならもっと伸びるんでしょうね…。窓開け運転が好きなこともあるし。)

満タン給油で普通なら(45km×19km/ℓ=)855kmは走ってくれるハズ。

ガソリン車で100km走る目安の3分の1~4分の1なんですが、
ハイブリッド車でも今までの癖で同じくらいで給油してしまいます。
だいたい、600km走る前にスタンドに寄ってる。
[PR]
by sina09e | 2017-03-11 08:15 | ドライブ | Comments(0)