日常を離れて~私にひとり車旅~
sinatabi.exblog.jp


≫ 地図検索(Googleマップ)
≫ 道の駅(国土交通省道路局)
≫ 高速道路(NEXCO東日本) 、 高速道路(NEXCO中日本)
≫ 天気予報(日本気象協会tenki.jp)
≫ 日の出・日の入り(国立天文台)

旅の準備リンク | サイト内検索 | ブログ記事一覧
ブログトップ
カテゴリ:食べ物・お土産( 7 )
ブラックソフト(北陸道 大積PA)
 
ブラックソフトといえば関越道の嵐山PAと思っていたら、大積PAのスナックコーナーで6月から販売されてます。

a0280981_1491858.jpgブラック(写真)とミックス、どちらも350円。

「ドライバーの眠気覚ましにと開発。特性濃縮エスプレッソの苦みは、まさに目が覚める大人の味です。」と言ううたい文句。

味は、エスプレッソ???苦味??
甘党の私には味が濃いというか、後味はしょっぱい感じ。確かに子供向けではないです。失敗を恐れる方はミックスをチョイスして。

色は嵐山同様の竹炭ではないかな。食べた後、口の周りが黒くなりました。
 
[PR]
by sina09e | 2013-08-15 14:30 | 食べ物・お土産 | Comments(0)
ひんやりスイーツフェア ~新潟 高速SA・PA~
 
上信越道(下り)
・妙高SA ルレクチェソフト

北陸道(下り)
・米山SA ヨーグルトソフト
・栄PA パリパリチョコソフト、ブラックソフト
・大積PA 黒胡麻ソフト
・黒崎PA 柿の種サンデー

北陸道(上り)
・黒崎PA 安田ソフト
・大積PA ブルーベリーソフト
・栄PA ブラックソフト
・米山SA デコレーションソフト(イチゴ・チョコ)

上信越道(上り)
・妙高SA よもぎソフト
 
NEXCO東日本新潟でオリジナルソフトクリームを販売しています。
6月30日まででしたが、延長されました。
 
[PR]
by sina09e | 2013-07-26 23:50 | 食べ物・お土産 | Comments(0)
ルレクチェソフト(上信越道 妙高SA)
 
a0280981_224304.jpgフローラルトップのコーンにルレクチェのジャムが添えられています。

ソフト自体は甘さの中にほんのり洋ナシが香るくらいなのですが、ジャムの酸味ととけ合うと美味。贅沢を言えば、ジャムをたっぷりのせてほしい!

ちょっと高めの350円ですが、一度は食べてみる価値あり。
万人におススメ。
 
[PR]
by sina09e | 2013-07-24 14:30 | 食べ物・お土産 | Comments(0)
ヨーグルトソフト(北陸道 米山SA)
 
にいがたひんやりスイーツフェア、米山SA(下り)のスナックコーナーはヨーグルトソフトです。

a0280981_22133684.jpgカップに入ったバニラソフトに、隠れるくらいのヤスダプレーンヨーグルトがかかっています。プレーンとスプーンが添えられます。350円。

うたい文句は「ヨーグルトの酸味爽やかなヘルシーソフト」

カップなので溶けても手が汚れないし、スプーンでバニラソフトだけ、ヨーグルトだけをすくって、混ぜても食べられていい。最初にアイスだけ、途中からヨーグルトと混ぜて食べると味の変化を楽しめます。最初から混ぜちゃうとヨーグルトシェークです。お気に入りのひとつです。

甘いものは苦手…、甘過ぎて量が多くて最後まで食べきれない、なんて人におススメ。
 
[PR]
by sina09e | 2013-07-23 13:30 | 食べ物・お土産 | Comments(0)
信州・春のスイーツスタンプラリー
 
信州の春にちなんだスイーツを食べて応募すると信州名産品などが当たる(かも?)企画。
6月30日で終了なんだけど、今頃パンフレットをみつけてしまった。

紹介されているスイーツは255種類。大好きなソフトクリームをチェック。

・くるみソフト 道の駅 雷電くるみの里(東御市)
  くるみは市の特産品。270円。
  上信越自動車道小諸ICより5分、東部湯の丸ICより5分。

・ワインソフト 荻野屋諏訪店(諏訪市)
  塩尻桔梗ヶ原の五一ワイン使用。薄いピンク色。300円。
  釜めしで有名な荻野屋(おぎのや)さんのドライブイン。中央自動車道 諏訪ICより1分。

・ルバーブソフト 富士見パノラマリゾート(富士見町)
  野菜「ルバーブ」は町の特産品。濃いピンク色。350円。
  食べるのは赤い茎の部分で酸っぱい。大きくは「タデ食う虫」のタデの仲間。
  冬はスキー場。夏も湿原の花やトレッキングで遊べる。中央自動車道 諏訪南ICより7分。

・すずらんソフト 駒ケ根ファーム すずらんハウス(駒ケ根市)
  「すずらん牛乳」は地域ブランド。250円。
  すずらんハウスはJAの牛乳工場。中央自動車道駒ヶ根ICより3分。

・桜ロイヤルスウィートバニラ 道の駅 小坂田公園(塩尻市)
  軽井沢ミノリヤのロイヤルスウィートバニラ。400円。
  長野自動車道 塩尻ICより8分、岡谷ICより18分。

・そばソフト 菓心美和 善光寺仲見世店(長野市)
  信州といえば定番のそば。300円。
  善光寺から徒歩2~3分。須坂長野東ICより20分。

・ふき味噌ソフト 小布施ハイウェイオアシス/道の駅 オアシスおぶせ(小布施町)
  こちらも定番の信州味噌+山菜。300円。 

・スノーキャロットソフト 道の駅 花の駅・千曲川(飯山市)
  スノーキャロットは特産の雪下ニンジン。オレンジ色。380円。
  長野自動車道 豊田飯山ICより18分。

・さびップルソフト 梓川SA(上り)
  安曇野産わさび+信州リンゴ。300円。


~私的メモ~
ルバーブとスノーキャロットは未体験なのでぜひとも食したいです。
ロイヤルスウィートバニラは長野自動車道 梓川SA(上り)、諏訪湖SA(上り)、道の駅 小坂田公園(松本地域)、道の駅 大桑(木曽地域)でも食べられます。信州人でよかった。 
 
[PR]
by sina09e | 2013-06-17 00:12 | 食べ物・お土産 | Comments(0)
冬の信州のお楽しみ食
 
信州はすっかり冬です。
私の住まいは標高580m。東京スカイツリーの第2展望台より高い、って比較にならないけど。

11月下旬から3月下旬の約4か月間、最低気温は氷点下、最高気温10度にはならない日が続きます。
寒いけど12月中旬の今も雪は積もってはいません。いわゆる寒冷地です。

信州の冬は、氷点下でしかできないことをやるしかない!できないものを食べてみる?

ので、氷点下の屋外と積もった雪があるからできる冬の信州のお楽しみを紹介します。

雪中埋蔵酒
 有名なのは北アルプス白馬三山の麓、大町市にある薄井商店。銘柄は「白馬錦」。
 雪中埋蔵酒は「純米吟醸生酒・雪中埋蔵」で6月上旬から販売になります。
 除雪の雪溜まりに埋める作業は重機を使った大規模なもので、毎年地方版ニュースで放送されます。
 埋めるのは2月で、雪が解けるまでの約4か月間ゆっくりと熟成貯蔵させます。
 まろやかに仕上がるそうです。(今年こそは…、でも人気でなかなか手に入りません。)

寒天
 諏訪地域は寒天作りで日本一です。
 「寒」い外に置きっぱなしにした「トコロテン(てん)」が名前の由来。
 (小学校の時に聞いたので本当かどうかわかりませんが。)
 冬は農作業もないので副業として棒寒天作りが広まりました。稲刈り後の田んぼで干してます。
 今どきは工場かとおもいきや、生産量の3割は天然寒天なんです。
 天然寒天作りは冬の風物詩として全国ニュースでも放送されてます。

凍み豆腐(しみどうふ)
 諏訪地域や佐久地域で地域特産として売り出し中。 
 高野豆腐のこと。信州以外にも東北や関東の寒さ厳しい土地ではこう呼ばれます。
 これも寒い外に豆腐を置きっぱなしにして偶然にできたんだそうです。
 藁で数個ずつ豆腐を連ねて軒先に吊るすのは冬の風物詩でしょう。(想像できます?)
 天然物はかなり噛みごたえがあります。

・凍み餅(しみもち)、凍り餅(こおりもち)
 諏訪地域、大町地域、佐久地域など。マイナーな特産物。寒い地域だからできる長期保存の知恵。
 水に浸した餅を凍み豆腐のように軒先に吊るして作ります。食べるときはお湯で戻します。
 カミングアウト系テレビ番組で他県が紹介されたら、松本出身者が長野にもあると自慢してたので。
 味は?おばあちゃんが作ってたけど食べたことないって。私もまだ食べていません。

・凍り蕎麦(こおりそば)、凍みそば(しみそば)
 信濃町の伝統食品。かなりマイナーな特産物。寒い地域のおもてなし食材。
 茹でた蕎麦をドーナツのように輪にして夜間外で凍らせて乾燥させたものです。
 汁で戻して食べます。現在はお吸い物の具として販売されています。
 恥ずかしながら食べたことありません。

書きつつ、寒天と凍み豆腐の味しか知らない!今シーズン最低ひとつは試したいと思います。


~私的メモ~
4WDの車を手放した今、大好きなドライブですが冬は気分がのりません。

FFで走行中、凍った路面で滑って川に落ちたことがあって翌年は4WDに買い替えました。
人は忘れやすいも。温暖化で雪も積もらないしいいやとFFに戻ったところ、これが凍った坂道がとっても不安。特にカーブは寿命が縮む思いです。
次は絶対4WDにする、と買って最初の冬に心に決めたのでした。(いつになるかなあ。)

春に向けてのドライブ計画を進めることにします。
 
[PR]
by sina09e | 2012-12-11 01:04 | 食べ物・お土産 | Comments(0)
山形の郷土料理
 
山形の郷土料理の簡単な説明です。別ページ「山形県の観光エリアと基本メモ」の解説でもあります。

むきそば」は酒田の郷土料理です。そばの実をむいて茹で、だし汁をかけて食べます。

かいもち」は村山の郷土料理で、そばがきのことです。

もってのほか」は味・色(ピンクががった紫)・香りのよい食用菊です。9月下旬~11月上旬。

青菜(せいさい)」は高菜の一種で収穫は11月下旬です。青菜漬、みお漬などに加工します。

雪菜」は蕪菜の一種で収穫は11月中旬です。雪の中で保存し、ふすべ漬などに加工します。

だし」は夏野菜と香味野菜をきざんで醤油であえたものです。ご飯や豆腐にかけます。

ひょう」はすべりひゆ(雑草)を干したものです。煮つけにします。
 
[PR]
by sina09e | 2012-11-12 23:55 | 食べ物・お土産 | Comments(0)