日常を離れて~私にひとり車旅~
sinatabi.exblog.jp


≫ 地図検索(Googleマップ)
≫ 道の駅(国土交通省道路局)
≫ 高速道路(NEXCO東日本) 、 高速道路(NEXCO中日本)
≫ 天気予報(日本気象協会tenki.jp)
≫ 日の出・日の入り(国立天文台)

旅の準備リンク | サイト内検索 | ブログ記事一覧
ブログトップ
スタッドレスタイヤの寿命

スタッドレスの効き具合は、心理的な面も影響します。

1~2年目なら安心ですが、3年目になると滑ったらタイヤのせいにしてみたり。
あるいは、3年目にもなると無理な運転はしなくなったり。

経験上、国内有名メーカーなら3年で交換しなくても大丈夫だったりするのです。
が、4年目ともなるとスタッドレスに頼れず、氷点下の日はビクビク…。

ここまで使うと、乗っていて、ゴムの柔軟さ(クッション性)の衰えが感じられます。

タイヤの消耗具合を見るのは2つのポイントがあります。
 1 溝の磨耗
 2 ゴムの劣化
これ、夏タイヤと同じです。が、スタッドレスは氷上制動が目的のタイヤなので、夏タイヤより性能面をシビアに見極めないといけません。

雪道やアイスバーンで滑る原因は、解けて表面にできる水の膜です。
スタッドレスは、この水膜を取り除く=滑らない工夫がしてあります。

工夫の1つが溝。

スタッドレスは、トレッド(接地面)のブロック部分に細い溝がたくさん入っています。溝のエッジの引っ掛かりで滑りを防止します。

溝の磨耗の状態は、タイヤの溝の中にある「プラットフォーム」で見極めます。

タイヤサイドの数か所に、プラットフォームのある場所を示す矢印があります。矢印の延長上、溝の浅くなった部分がプラットホームです。新品のタイヤのプラットフォームは溝に隠れているかもしれませんが、磨耗すると出てきます。

プラットフォームが溝と同じ高さになったら(50%摩耗したら)、スタッドレスは交換時期です。スタッドレスが氷上制動を発揮するのは、最低50%摩耗の状態までと言われます。

最近のスタッドレスのゴムの表面には特殊素材も入っているので、溝のエッジの減りの滑り止め効果だけでなく、吸水や撥水といった性能的にも効果がなくなります。


2つ目はゴム。
劣化というと、ヒビ割れのイメージですが、最近のタイヤでこれが目に見えるようになるには変色するくらいの年数が必要でしょう。

スタッドレスのゴムは、低温時でも固くならないのが特徴です。スタッドレスの劣化は、柔らかさがなくなるということです。

メーカーさんも硬化を妨ぐ工夫をしていますが、主成分のゴムは当たり前ながらだんだん硬化します。柔らかいことで発揮する制動性能も、固くなればガタ落ちです。

雪道よりアイスバーンが多い寒冷地では、溝の減りより、ゴムの硬化のほうが先に心配になる要素です。

タイヤの固さは押してみてわかるものではないので、3年目以降の夏タイヤの履き替えはを専門家に頼むといいです。タイヤの固さ(柔らかさ)を測定して、交換時期か教えてもらえます。
スタッドレスの汚れも落としてもらえるので、保管の間の劣化も防げます。
初回は販売店とか車検の整備工場とか、タイヤ押し売りのないところで試してみるといいです。

3年ごとに買い替えなんて目安もありますが、あまり使わないシーズンは4年目でも「大丈夫です」と言ってもらえます。自己判断より性能面の保証は確かだし、安心できます。

このタイヤはダメかもとビクビクしながら乗るより、タイヤは大丈夫と安心して乗るほうがストレスは少ないはず。
タイヤへの過信は禁物ですけど。


~私的メモ~
ウインターマックス(ダンロップ)3年目の冬です。
先週、出勤前が氷点下8℃、仕事(残業)帰りは氷点下4℃という日がありました。
これからは真冬日も覚悟しないと…。

さて、1年目はブリザック(ブリジストン)・アイスガード(YOKOHAMA)と比べると、固い!大丈夫か?と感じていたウインターマックスですが、固さに慣れました。というか、走るほどに固さが気にならなくなる感じです。

下りのグリップは問題なしです。固くて密着感が心配でしたが、徐々にブレーキを強めて止まる直前の最後の一踏みにしっかり反応します。今のところ、氷を巻き込んで滑ることはないので、その点は柔らかいタイヤより気に入っています。

逆に上りの途中で止まるのはドキドキです。走り出しのスピードを傾斜に合わせないとスリップする感じになります。下りでしっかり止まる安心感がなければ、次はないかな。まあ、慣れれば平気になりますが。

あくまで直線で止まる、走り出すという条件で。ハンドル操作が必要な時、特にカーブでは無理できません。

比較的平坦な地域を走るならおススメしてもいいタイヤです。寒冷地でも悪くないです。
下り坂だけのチョイスなら、お値段的に文句ない出来だと思います。
でも、上り坂は得意じゃないので、急坂を上る方は気にかけたほうがいいでしょうね。

私はと言えば、次回は柔らかスタッドレスに戻すかなあ。
これが気に入らないってことではなくて、柔らかタイヤの下り坂の制動性とぜひ比較したい、と思うのです。
アイスバーンのグリップ力は、柔らかタイヤと全く違うんです。止まるっていうより、止めたって感じです。
もう少しお得だったらまた買うかもしれません。

[PR]
by sina09e | 2014-12-23 19:34 | ドライブ | Comments(0)