日常を離れて~私にひとり車旅~
sinatabi.exblog.jp


≫ 地図検索(Googleマップ)
≫ 道の駅(国土交通省道路局)
≫ 高速道路(NEXCO東日本) 、 高速道路(NEXCO中日本)
≫ 天気予報(日本気象協会tenki.jp)
≫ 日の出・日の入り(国立天文台)

旅の準備リンク | サイト内検索 | ブログ記事一覧
ブログトップ
G-BOOK mX ~トヨタ・カーナビ~
 
G-BOOK mX(ジーブックエムエックス)は、トヨタが対応ナビに提供しているサービス。

 ※2014年7月以降のナビは、T-Connect仕様になってます。
 (詳細は「T-Connect ~トヨタ・カーナビ~」)

特徴は、
 1 ナビ地図をネットから更新できる「マップオンデマンド」。
 2 VICSに実際の走行情報を加味した渋滞回避ルート案内。

必要なのものは、トヨタのメーカーオプションor販売店オプションのカーナビ
 ・カーナビ+Bluetooth対応ケータイorスマホ
  ※「マップオンデマンド」と「車両通信接続対応」とあるもの。現状HDDならOK。
  ※ケータイ等のパケット通信料がかかる。動作チェックはG-BOOKのウェブサイトで。
 ・通信機器(DCM)付きカーナビ
  ※G-BOOK mX Pro対応のもの。
  ※年12,000円でパケット使い放題。ただし初年度0円。

このサービス、申し込みからではなく、ナビ購入から3年間無料。早く利用しないと損。
4年目以降はナビ地図更新で2年延長できます。(更新費用13,000~20,000円程度)

「マップオンデマンド」なら、ケータイやスマホでナビ地図データの更新ができます。
 高速道路は最短7日、それ以外の道路も随時データが更新されます。
操作はカーナビのG-BOOK画面の「地図更新」ボタンを押すだけ。更新中もナビは使えます。
更新されるのは、自宅周辺80kmか目的地周辺10kmの道路とランドマーク。
コンビニなどの施設は対象外。

「車両通信接続対応」なら、走行中のG-BOOK mX搭載車から集まったリアルタイム情報(速度や位置データ)を反映した渋滞回避ルート案内になります。

日産ならカーウイングス、ホンダならインターナビといったサービスになります。

 〔参考: G-BOOK mX.com 〕


~私的メモ~
G-BOOK mXのサービスの利用期限は、対応ナビを買ってから3年。
Bluetooth対応ケータイ・スマホ+定額パケット契約 ならすぐにでも使ったほうがいいです。
純正ナビは高い買い物なので、利用しないと損です。

設定が必要なので面倒ではあるのだけれど…。

1 対応ケータイかチェック
2 ケータイとナビを接続
3 ナビでG-BOOK利用手続き

「マップオンデマンド」を利用するなら初回だけ次の操作
4 G-BOOKユーザーID(GAZOO、TOYOTA Web Passport でもOK)
   ※登録には車検証・ナビの取扱書(同梱のG-BOOK用車載端末ID)を用意
5 サイトからパソコンで更新情報をダウンロード
   ※インターネット接続のパソコンとCD-R(DVD-R)が必要
   ※更新DVD(1,800円)もあり
6 更新情報をCD-R(DVD-R)にコピー
   ※「使い方ガイド」の手順で(フォルダでなく中のファイルをコピー!)
7 CD-R(DVD-R)を使ってナビに更新情報をコピー
  コピー→更新準備→更新
   ※初回はかなり時間がかかります。コピー中もナビ操作は可能、エンジンを止めても次回再開

その後はケータイ・スマホを接続して、ナビの「地図更新」にタッチすればOK。
更新内容によりますが、頻繁に更新していればたいして時間はかかりません。

  G-BOOKマップオンデマンド >> マップオンデマンド

ナビを使うことが多いなら、パソコンでルートやメモリ地点を設定しておけば、いつでもカーナビにデータを送れるのでとっても便利です。ルートは最大100件まで登録できます。
 
[PR]
by sina09e | 2013-06-18 00:14 | ひとりごと | Comments(0)