日常を離れて~私にひとり車旅~
sinatabi.exblog.jp


≫ 地図検索(Googleマップ)
≫ 道の駅(国土交通省道路局)
≫ 高速道路(NEXCO東日本) 、 高速道路(NEXCO中日本)
≫ 天気予報(日本気象協会tenki.jp)
≫ 日の出・日の入り(国立天文台)

旅の準備リンク | サイト内検索 | ブログ記事一覧
ブログトップ
この時期だから冷静に振り返る
 
寒冷地住まいで真剣なスタッドレス選びが当たり前だと思っていたのですが、どうも雪道や凍った道と縁がない方はここまで真剣になることが理解できないようです。

ご承知かとはおもいますが、寒冷地ではブリヂストン(ブリザツク)とYOKOHAMA(アイス ガード)が2大勢力です。2つのうちのどちらを選ぶのかが悩みどころというところです。

そんな中、ダンロップ WINTER MAXX(ウインターマックス)を買ったときの反応は
 同郷の知人は「え~、ホントに買ったの!(大丈夫?)」
 都会の知人は「福山のCMしてたやつでしょ!」

スタッドレスは効き目以外の心理的な安心感も結構重要だと思います。

どんなに性能のいいスタッドレスでもタイヤに頼った運転をすれば凍った道は滑ります。
実際に走るときは滑らないよう注意して運転しているハズです。

周囲の情報で印象のいいスタッドレスなら滑ったら運転の悪さだと思っても、印象がよくないスタッドレスで滑ったらタイヤのせいにしてしまうかもしれません。私はメンタル面が弱いので…。

「ウインターマックスで大丈夫?」と周囲が見ていたので、この冬はとりわけ運転に集中しました。

柔らかさが売りのスタッドレスと比べると、タイヤ交換後の違和感がありません。カーブにきて多少夏タイヤより柔らかいかなと感じるくらいです。

実は、最初の凍った夜、一時停止からの発進時にスリップしました。感覚的には普通タイヤのような雪と馴染まない感じです。このスタッドレス本当に固いなあ、と感じました。
推測ですが、力のない車だと低速でも雪や氷への乗り上げはキツいかもしれません…。

スリップはタイヤの慣らしが不十分だったのか(1,000kmくらい)、運転に慣れていないせいだったのかその1回だけでした。

下り坂はスピードコントロールに慣れれば制動性が発揮されます。
というのは、柔らかいスタッドレスは常にタイヤと路面が密着している感覚があるので、滑り始める直前にそれがわかるのです。アクセル感覚なので気をつけていれば運転が上手い下手に関係なくわかると思います。
(対処できるできないが上手い下手の違いでしょうね。)

ウインターマックスは滑り始める感覚があいまいです。この下りはこのスピード、といった慣れが必要です。

スピードを出し過ぎなければきっちり止まってくれます。
滑っているかわからないのでスピードが出せません。下りでは性能に頼らない運転をしなければなりません。

下りで止まれない場合、柔らかいスタッドレスはスーーーッと滑る感覚ですが、ウインターマックスはズルッズルッズルッという感じです。(どちらが止まれるかではなくてそんな体感イメージです。)

慣れたところで、事故もなく一冬過ぎました。次の問題は、何年使えるかです。


~私的メモ~
個人的にはアイスガードのグニャっとした乗り心地は大好きでした。道路と密着している感があってなんとなく安心できました。
ウインターマックスはタイヤ交換しても夏冬のメリハリがないのです。(冬も運転はしやすいけど…)

秋以降ネット上でスタッドレス選びの話題で盛り上がるのは当然だと思うのです。
なにせ、巷の車雑誌のスタッドレス選びの情報は寒冷地住民が欲しいネタではありませんから。
(K国製の安価なスタットレスでも結構イケる、なんて実証されてたり…)
読者の大多数が、たまに雪が降る、休日スキー場に行くという方ですから当然です。
「とりあえずスタッドレスを買おう」、「安価なタイヤでも大丈夫」なんて記事は寒冷地では参考になりません。

気温が氷点下になる時期になると、もう毎日の運転が「凍ってるかな?滑るかな?」と緊張の連続です。
特に私は山の中腹に住んでるので、仕事も買い物も坂道の往復です。

11月と3月は天気より「タイヤ交換した?」が話題になります。
もし長野県民のお知り合いと話す機会があれば使ってみて。必ず食いつく話題ですよ。
 
[PR]
by sina09e | 2013-06-01 13:10 | ドライブ | Comments(0)